町きものワークショップ終了しました。

posted in: 未分類 | 0

こんにちは。
昨日、町きものワークショップが終了いたしました。
とても和やかな雰囲気でとても良いワークショップになったと思います。

こちらが今回講師をしていただいた町きものアドバイザーの早川登志子さんです。

早川さんは、これまでに40年近く着物の仕立て、メンテナンス、販売など着物の業界働いてきました。その経験と知識を生かし、現在は町きものアドバイザーとして、初めて着物を体験する方にも楽しめる普段着の着物スタイルを提案しています。

ワークショップでは、まず着物の基本とも言える”どんな場面でどのような着物を着ればいいのか”という着物のTPOについてお話ししていただきました。柄や素材など時と場合による着物の使い分けが難しいところですが、早川さんのこれまでの経験からとても分かりやすく経験談交えて解説していただきました。

それでは、着付けに入る前に参加者の方とどんな着物が着たいか一緒に選んでいきます。

お一人ずつ町きものスタイルのコーディネートをしていきます。

参加者の方の中には、ご自分の着物をお持ちになってコーディネートの相談をしていました。

最後に半襟を各自で付けていって、いよいよ着付けに入ります。
カメラマンはひとまずここで退場です。

.

.

着付けが完了したということで、2階に上がってみると、
皆さんとても素敵な装いになって履物を選んでいらっしゃいました。

最後までとても和やかな雰囲気で終了いたしました。
着物に革ベルトを合わせるなど、町きものスタイルが皆さんとてもお似合いでした。

 

早川さんにとってこれが初めて講師として人に着付けを教える体験になりましたが、
とても気さくにお話しされていて、非常にスムーズなワークショップでした。
今後もこのようなイベント等を通じて、”町きもの”という普段着の着物のスタイルを
より多くの方に知ってもらうために活動されていくそうです。

 

TWOOL GALLERYでは今後もこのような体験型のイベントを定期的に開催していきたいと考えています。これからも長岡近郊の方々がワクワクするようなワークショップを開いていきます。
また、このように長岡で活動されている方も応援しております。お気軽にowl@twool.jpまでお問い合わせください。

 

町きものに関して、早川さんへのお問い合わせはこちらまで。

 

この度は、講師の早川登志子さま・ご参加いただいた皆様、誠にありがとうございました。

以上ワークショップレポートでした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です